2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.249

胃がなくなると、それまでの食生活とは違ってきます。
胃という消化器官がなくなったから仕方の無いこと。

どんな手術後もそれはあるでしょう。
そして、後遺症を自分なりに考え、勉強し、自分なりの対処法を探していくはず。

なのに義母はそれすらせず
お腹が痛い、つかえで食べ物が落ちていかない、吐き気がある
と不調を訴え、それだけならまだしも
仕事中や親戚のお通夜、お葬式中とお構いなく義父に電話をして
家に来てもらう始末です。
みみの旦那が仕事が休みで家に居たときも
「背中をさすって」と携帯で呼んだそうです。
そこで
・食べ方など自己責任だ
・みんなと食べる速度が一緒
・よく噛んで食べろ
・自分だけでなく、みんなのことも考えろ
・そんなことをしてるとおやじも嫌になってしまう
等、日ごろ溜まっていた不満を言ってきたそうです。
しょうがなく、背中をさすってあげたようですが。


息子からガツンと言われたのに、変わらず具合が悪いと部屋にこもりっきりでした。

義父は「どうして吐き気とか痛みがあるんだろう?」
と聞いてきたので、
「食べ方、噛み方の問題じゃないですか?」と私も旦那も言ったのですが
納得しない様子でした。
義父はどんな答えを求めているのでしょうか?
もう義父の気持ちも限界にきているんだと雰囲気から感じます。


今日は仕事が休みで、家にいたのですが
朝も起きてこない義母に昼ごはんはどうするかと声をかけました。
そしたら「食べる」と。
具合はどうかと色々と聞いてみました。

私「そういった症状について先生はどういってるんですか?」
義母「1日2日で吐き気や痛みが治るなら、気にしないようにって」
私「今週は抗がん剤をしてこなかったんだから、抗がん剤の影響はないんじゃないですか?」
義母「そうだよね」
私「腹水を調べて、癌細胞はなかったんですよね
  それなら抗がん剤は効いてるってことなんじゃないですか?」
義母「手術で切って繋げたとこからの出血とかではないよね?
   そしたら血がでるよね?」
私「先生がそう言ってたんですか?」
義母「ううん。」
私「手術数も多い先生みたいだし、そんなことはないんじゃないですか?
  そうだったらずっと痛いはずですよ。」
私「よく噛んで食べるのが大事だと、栄養士さんも言ってましたよね。
  今日は朝ごはんは食べたんですか?」
義母「昨日、お父さんがパンを買ってきてくれたから、それとポカリスエットを飲んだ」
義母「よく噛んで食べるようにしてるけど、美味しいとつい早く食べてしまう」

と言いつつ、食事を見てると、10回くらいしか噛んでいませんでした。

↑これで病状悪化ではなく、何も考えず勉強せず食事をしているんだなと感じ
ネットで色々探し、胃がん手術後の後遺症、その対策についてまとめて
B5用紙2枚に書いて渡しました。
術後98%の人に後遺症が現れること。
それすらわかっていないようでした。

イライラするので関わらないようにしようかと思いましたが
1年以上経っても人に甘え過ぎている義母やそれに振り回されている義父が精神的に病んでしまいそうで
お節介を焼いてしまいました。
これでも変わらないようなら。。。
また考えよう。

病人になりきり、病気に甘え、頑張ろうとしない人を
応援する気にはなれません。
スポンサーサイト


【】
大変ですね。

・お腹が痛い、つかえで食べ物が落ちていかない、
 吐き気があると不調を訴え、
・仕事中や親戚のお通夜、お葬式中とお構いなく
 義父に電話をして家に来てもらう
・何も考えず勉強せず食事をしている
・病人になりきり、病気に甘え、頑張ろうとしない

これって、わがままというより
認知症を疑ってみるべきではありませんか?

認知症は、物忘れとかそういう側面ばかりでなく
欲望の抑えが利かなくなる
「モノの道理」が理解できなくなる
などの症状もあります

ちょっと観察して、おかしいと思うようなら
お医者様に相談してみるのも良いかも知れませんよ。

まぁ、このブログだけで一概には言えませんが…

【癌ダムさんへ】
最近は仮病じゃないかと疑いたくなるくらい
都合がいいときばかり、不調を訴えています。

具合が悪くて、寝てたはすなのに、午後には車で外出してみたり。

> これって、わがままというより
> 認知症を疑ってみるべきではありませんか?
>
> 認知症は、物忘れとかそういう側面ばかりでなく
> 欲望の抑えが利かなくなる
> 「モノの道理」が理解できなくなる
> などの症状もあります
>
そうなんですね。
認知症って、物忘れだけどいうイメージしかありませんでした。
様子をみて、変わらないようなら考えてみます。
「度を超えた常識ない人」と思ってました。

【全く同感です。】
>病人になりきり、病気に甘え、頑張ろうとしない人を
>応援する気にはなれません。

やっぱり年齢のせいもあるのかしらね。
頑張る気力も持てないのかしら?
自分の身体に起きていることを知りたいという欲求が
ないなんて私には信じられないけれど(;^ω^)

↓の記事、希望の持てる結果が出て本当に良かった♪
まだまだ大変なことがあると思うけど
みみちゃんなら大丈夫だね!応援してま~すヾ(*´∀`*)ノ
【katieさんへ】

> 自分の身体に起きていることを知りたいという欲求が
> ないなんて私には信じられないけれど(;^ω^)
そうですよね。私の感覚では、自分の病気や治療についてどんなことでも知りたいと思う人がほとんどだと思っていますが、病気から逃げちゃう人もいるんでしょうね。

頑張ってないので、適度に付き合っていきます。

婦人科もいい方向に行ってるので、希望に向かって頑張ります。
応援、ありがとうございます^^
この記事へコメントする















胃がなくなると、それまでの食生活とは違ってきます。胃という消化器官がなくなったから仕方の無いこと。どんな手術後もそれはあるでしょう。そして、後遺症を自分なりに考え、勉強し、自分なりの対処法を探していくはず。なのに義母はそれすらせずお腹が痛い、つかえで食... ...
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

みみ

Author:みみ
28才で乳がん発覚
皮下乳腺全摘+広背筋を使った同時再建を行い 
抗がん剤治療(AC+タキソテール)がH21年2月に終了。
現在、無治療、経過観察で過ごしています。
H25年2月出産し、育児してます。

ご意見、ご感想なんでもOKです。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。