2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.253

連休は、富山に1泊2日で旅行に行ってきました。
1番の目的は、雪の大谷ウォーク。

立山駅からケーブルカーに乗り、バスに乗り換え室堂というとこまでいくと雪の壁が見られます。
さらに、トロリーバス→ロープウェイ→ケーブルカーと乗り継ぐと、黒部湖、黒部ダムまで行けます。

HPではGWは8時を過ぎると混雑が予想されるとのことで、8時前に立山駅に着くように、朝4時半に家を出発しました。
朝早いせいか、スイスイ車で走れて、7時20分には着きました。
が、駐車場は満車の所もあり、少し離れたところに止めました。
切符を買うのにも列が出来ていて、約20分待ち。

出来れば、黒部ダムまで行きたかったので、切符売り場で聞くと
連休は混むので、往復で7~8時間かかるとのこと。
なので、そこまでいくのは断念し、雪の大谷の室堂まで行くことにしました。
運賃1人約4千円ちょっと。
黒部ダムまでは、1人1万円ぐらいでした。

混雑のせいか、普段はケーブルカー→バスの乗り継ぎですが
室堂まで臨時の直通バスが出ていて、どちらか選べるようになっていました。
切符を買って、15分後にバスが出発しました。

バスに揺られること、70分、室堂に着きました。
かなりカーブが多く、揺れるため、乗り物に弱い人は酔うかもしれません。
途中、大きな杉の木や
sugi.jpg
(幹回り10メートルで樹齢250~300年とのこと)
称名滝
称名滝
など、見どころを音声案内しながらバスが徐行運転してくれました。

山道を進むと、どんどん山頂に近づいてきました。
室堂1

後もう少し
室堂2

で到着。
標高2450mです。
かなり混みあっていました。
室堂3
ですが、雲1つない青空で写真を撮ってもきれいでした。
雪の照り返しで、眩しかったため、サングラスを持っていけば良かったと後悔しました。

室堂6
かなりの高さの雪の壁です。
今年は1番高いところで、17メートルあるそうです。
天気は良かったのですが、雪にはさまれていると、日陰は寒いので
防寒具は必須です。

雪の壁を見て、折り返してパノラマロードというところを歩きました。
panorama2.jpg
雪の上を歩きます。
春の雪なので、重くて歩きにくいです。
panorama1.jpg
のぼり坂で雪に足をとられるため、かなり疲れました。
最初に行くことをおすすめします。
ですが、パノラマロードという名の通り
一面見渡せるので、景色はきれいでした。


目的は果たしたので、帰ることにしました。
まだ、時間は10時過ぎ(笑)
なので、バスを待つこともありませんでした。

bizyodaira.jpg
豪雪地帯の為、木が横向きに生えていました。
面白かったので、写真を撮ってしまいました(笑)

帰りはケーブルカーに乗り継ぎです。
ケーブルカー
120人乗れるそうです。
かなり急な階段でしたが、
この角度のまま、ケーブルカーは立山駅まで行きます。

早く戻ってきたため、お昼は富山市でお寿司を食べることにしました。
黒部ダムまで行かなかったので、2人で1万円浮いたので
少し贅沢をしました。
富山susi1
susi3.jpg
おまかせランチBコース。
鯛、大とろ、イカ、さより、平貝、かわはぎ、甘エビ、のどぐろ
巻物は、白えび、うにいくら、かにみそ、たまご。
がりとごぼうのつけもの、お味噌汁がつきます。
上のお寿司は1つ1つ、少し味がついていて
美味しかったです。
白えびはとろけました。
さすが富山!魚介が美味しいです。

それから富山駅付近を散策し、温泉旅館に行きました。

雪の壁は迫力があり、天気が良かったので大満足でした。
自然の中を歩くのは気持ちがいいです。
日ごろの疲れを忘れさせてくれました。
スポンサーサイト


【】
富山には友人の会社があって
随分と昔ですが「五箇山」の合掌造りの民宿に
とまった事を思い出しました。

そこのお風呂は、木の切り株をくり抜いたもので
そんな太さの木はもうどこにもない…との事。

軒に下がった「つらら」をロックにして
皆でワイワイ、ウイスキーを飲んでいましたが
夜中に氷が切れたので、つららを折に行ったら
廻り中にグサグサと落ちてきて
死にそうんなった事を、楽しく思い出しました(笑)


その、寿司ネタに細工がしてあって味が付いている
…それが、関西で言う「お造り」の事で
つまり、何か芸が「造りこんである」ネタ

一方、何もしてないのは江戸前の「お刺身」で
単に刺して切っただけだから、「刺身」ですね。

富山は寿司も安くて美味しいですね!

久しぶりに「楽しい事」を思い出しました
ありがとうございます。
【癌ダム4Gさんへ】
お造り、お刺身今まで違いがわかりませんでしたので
勉強になりました。
芸が仕込んであると、見た目もいいし
それぞれにあった薬味や味付けで美味しいですね。

つらら…そんな楽しい(笑)思い出があったんですね。
なかなか体験できないので、忘れられないですね。

富山は自然の中で癒され、海の幸があり
とてもいいとこでした。
次は黒部ダムか五箇山に行きたいです。

この記事へコメントする















08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みみ

Author:みみ
28才で乳がん発覚
皮下乳腺全摘+広背筋を使った同時再建を行い 
抗がん剤治療(AC+タキソテール)がH21年2月に終了。
現在、無治療、経過観察で過ごしています。
H25年2月出産し、育児してます。

ご意見、ご感想なんでもOKです。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。